無料小冊子 「真実を知ってください:アルコール乱用」

アルコールは薬物です。

アルコールは「抑制剤」と呼ばれるタイプの薬に分類されます。抑制剤は体や心の働きを鈍らせる作用を持つ薬です。この種の薬物を取ると、ろれつが回らなくなる、動作が不安定になる、知覚が妨げられる、素早く反応できなくなるといった影響が生じます。

抑制剤としてのアルコールが心に与える作用については、物事を理性的に考える能力が低下したり、適切な判断を下せなくなるといった影響があげられます。摂取する量や取る人の体調にも左右されますが、アルコール乱用による影響には以下のようなものがあります。ろれつが回らない、眠気、嘔吐、下痢、頭痛、呼吸困難、判断力の低下、貧血(赤血球の減少)、昏睡、そして一時的な記憶喪失(酔っていた時に起きたことを覚えていない)などです。

アルコールは薬物ではないという考えが致命的な誤りにつながる場合があるのはどうしてなのか、正確な事実を知ってください。事実を知ってください。

無料小冊子「真実を知ってください:アルコール乱用」を請求しましょう。

無料の小冊子を
リクエストできます

以下のフォームに記入し、無料の小冊子を受け取ってください。

[?]