薬物のない世界のための財団とは

「薬物のない世界のための財団」は、人々が正しい情報に基づいて自らの意志で薬物を取らないことを選択できるように、薬物に関する正確な情報を若い世代にも大人にも提供している非営利団体です。

特に青少年に言えることですが、何かについて「講義」されるのが好きな人はいません。「○○してもよい、○○してはいけない」といった話題であればなおさらです。そこで、当財団が実施しているキャンペーン「真実を知ってください:薬物」の主眼は、若者が自分の意志で「薬物には手を出さない」と決められるように、正しい情報を得させ、十分な知識を持たせるというものです。また、このキャンペーンには、薬物のない社会を推進する活動に若者たちを参加させるという要素も含まれています。こうした活動は簡単で、あらゆる年代の人々が参加できるものです。

当財団が発行する小冊子や啓発用のパンフレットは、国際的なボランティア・ネットワークを通じて、5千万部以上配布されました。また、薬物乱用防止の啓発イベントが120以上の国で多数開催されました。財団の制作による公共サービス広告シリーズ「真実を知ってください:薬物」は、275のテレビ局を通じて放映されました。こうした啓発資料や活動を通じ、世界各地で数多くの人々が薬物の破壊的な影響について知らされ、自らの決断で薬物を使用しないという道を選択するようになっています。

当財団では、地域社会で薬物乱用防止に取り組む方々に、「真実を知ってください:薬物」キャンペーンの資料や情報を無償で提供しています。

無料の情報キットと、教育パッケージについて、詳しくはこちらをごらんください >>