薬物についての基本的な事実

街中や学校、あるいはインターネットやテレビの中で、薬物についてのさまざまな情報が氾濫しています。その中には正しい情報もありますが、そうでないものもあります。

その中には正しい情報もありますが、そうでないものもあります。今では更生した、かつて売人だった人たちは、「薬物を買ってもらうためならどんなでたらめでも言う」と証言しています。

そのような情報にだまされないでください。薬物乱用という罠を避けるためには、事実を知る必要があります。

すでに起こっているかも知れませんが、遅かれ早かれ、あなたや隣人に薬物が勧められることでしょうそれを使うか使わないかの決断は、あなたの人生を大きく左右します。どの中毒者もこう言うでしょう。「薬物に身も心も支配されてしまうなんて夢にも思わなかった」と。あるいは「マリファナを少しやるくらい平気だろう」「友だち付き合いのうち」という軽い気持ちで始めただけなのに、と言うかもしれません。「これくらいなら大丈夫」と考えたのでしょうが、気付いた時にはすでに手遅れだったのです。

根拠のない意見や売人の売り文句を聞かされるのではなく、単なる「脅し」でもなく、誰もが薬物についての「事実」を知る権利があります。では、どうすれば嘘と真実を見分けることができるのでしょうか? このウェブサイトはそのために制作されました。

事実を知ってください >>