フィリピンの薬物乱用に終止符を打つための連合
国際的な麻薬密売と国内の薬物乱用に悩まされている国で、国家警察が薬物のない世界のための財団と協力し、解決策を導きます。
続きを読む >>
薬物防止「サイクロラン」が、国民の薬物に対する態度を変える
15年連続でランナーたちとサイクリストたちは薬物のない生活の支援に向けたロードレースを行い、全国的な薬物使用率の低下に寄与しています。
続きを読む >>
麻薬密輸人から青少年の指導者へ転身
トニー・メンデスは自分の過ちから学んだことを、現代の若者に還元し、彼らがより良い未来を築けるようにしようと決断しました。
続きを読む >>
教育者が、子どもの成功につながる親にとっての鍵について語る
薬物防止会議は、親たちに子供を薬物やギャングから遠ざけるためのツールを与えています。
続きを読む >>
「薬物のない世界のための財団」日本支部は、危険ドラッグが「無害」であるという嘘を一掃
合成マリファナは、日本では脱法ハーブと呼ばれています。「法律を避けて通る薬物」という意味です。国民がこの有害な影響に対して意識が低いのは、この当たり障りのない名称のためです。 さらに2012年1月から5月までに、危険ドラッグ絡みで緊急治療室に運び込まれた件数は、100以上という報告がありました。
続きを読む >>
主要な薬物ルートにおいて効果的な教育に力を注ぐ
「薬物のない若者のための地域同盟(CADFY)」の使命は、安全で薬物のない地域社会を築くことです。 我々、全米麻薬撲滅対策室は、大統領府から指示されている全米麻薬撲滅作戦を支持することによって、それを実施します。
続きを読む >>
警察署長により「真実を知ってください:薬物」が称賛される
ミネソタ州バビットの警察署長、救命士、消防士でもあるチャド・ローウェンは、人々の命を救っています。 警察署長と、署内での薬物防止教育長を兼任する同氏は、「現在は薬物のない世界のための財団の『真実を知ってください:薬物』プログラムを通じて人命を救っています」と語っています。
続きを読む >>
「元常用者が語る真実の物語」がオーロラ賞を受賞
「薬物のない世界のための財団」による薬物乱用防止の公共キャンペーンが新たな賞を獲得しました。同財団は、これまでにも薬物乱用防止の公共サービス広告「そんなの嘘だった」を制作し、さまざまな賞を受賞したことで知られています...
続きを読む >>
「薬物のない世界」フロリダ州支部が薬物意識向上活動の規模を拡大
「薬物のない世界のための財団」のボランティアは、フロリダ州で薬物乱用防止の意識向上活動を拡大しました。彼らはさまざまな地域に出て行き、週末の2日間だけで6500部以上の「真実を知ってください:薬物」小冊子を配布しました...
続きを読む >>
薬物乱用防止教育キャンペーンが再び栄誉に輝く
公共情報キャンペーン「真実を知ってください:薬物」が、アディー賞を7部門で獲得しました。前年の2部門に続いて2年連続の受賞です。6つの「それは嘘だった」公共サービス広告にはブロンズ・アディー賞が贈られ、キャンペーン全体はシルバー賞を獲得しました...
続きを読む >>
薬物乱用防止のための意識向上広告が主要な放送局で放映
薬物のない世界のための財団による薬物乱用防止公共サービス広告の新しいシリーズは、米国ではVH1、MTV、FUSE、G4、BETなど12の全国ケーブルテレビ局で放映され、その力強いメッセージを伝えてきました。ドキュメンタリー・ドラマ仕立てのこの広告では、十代の若者が薬物をめぐる俗説の犠牲者となる過程と、薬物乱用が彼らの人生にどれほどの痛手をもたらすかを描いたものです...
続きを読む >>
悪名高い薬物汚染地帯を変えた技術学校
メキシコのチワワ州で、ヌエボ・カサス・グランデ技術大学の教職員と学生たちが、薬物乱用防止の教育キャンペーンを始めました。一週間にわたる薬物意識向上活動のクライマックスとして、2つの地域の高校から600人以上の若者たち、地域の有名スポーツ選手、市長執務室の代表者、「薬物のない世界のための財団」のメンバーが集まり、「薬物反対への誓い」の署名が超大型の横断幕に書き込まれました...
続きを読む >>