「薬物のない世界のための財団」日本支部は、危険ドラッグが「無害」であるという嘘を一掃
合成マリファナは、日本では脱法ハーブと呼ばれています。「法律を避けて通る薬物」という意味です。国民がこの有害な影響に対して意識が低いのは、この当たり障りのない名称のためです。 さらに2012年1月から5月までに、危険ドラッグ絡みで緊急治療室に運び込まれた件数は、100以上という報告がありました。
続きを読む >>
主要な薬物ルートにおいて効果的な教育に力を注ぐ
「薬物のない若者のための地域同盟(CADFY)」の使命は、安全で薬物のない地域社会を築くことです。 我々、全米麻薬撲滅対策室は、大統領府から指示されている全米麻薬撲滅作戦を支持することによって、それを実施します。
続きを読む >>
警察署長により「真実を知ってください:薬物」が称賛される
ミネソタ州バビットの警察署長、救命士、消防士でもあるチャド・ローウェンは、人々の命を救っています。 警察署長と、署内での薬物防止教育長を兼任する同氏は、「現在は薬物のない世界のための財団の『真実を知ってください:薬物』プログラムを通じて人命を救っています」と語っています。
続きを読む >>