薬物乱用防止活動:
若者たちが薬物に手を出す前に対処する

アンケートの結果、多くの教育者たちにより、若い世代に薬物乱用防止のメッセージを伝えるための効果的な教育資料が不足している、との声が報告されました。具体的にはどういうものかを尋ねてみると、答えはこうでした。「情報が正確かつ最新であるというだけでなく、生徒の関心を強く引きつけるように提示された教材。」

「真実を知ってください:薬物」と題する私たちの教育資料を検討してみてください。現代的で、十分な情報がコンパクトにまとめられており、生徒たちが容易に理解できる内容です。私たちの資料は信頼できる研究とアンケートに基づいて制作されており、若い人々の興味を強く引きつける内容になっています。実際にこれらの資料を勉強した生徒たちによると、薬物など絶対に使用しない方が良いと気付いただけでなく、なぜそうなのかもしっかりと理解できたということです。

特に青少年に言えることですが、何かについて「講義」されるのが好きな人はいません。「○○ してもよい、○○ してはいけない」といった話題であればなおさらです。そこで、当財団が実施しているキャンペーン「真実を知ってください:薬物」の主眼は、若者が自分の意志で「薬物には手を出さない」と決められるように、正しい情報を得させ、十分な知識を持たせるというものです。この教育プログラムの成功の鍵は、生徒の参加です。そのため、若者たちに呼びかけて、薬物のない暮らしというメッセージを広める活動に参加するよう促します。これは生徒たちだけでなく地域の誰もが参加できる、人気のある活動です。