リタリンとは?

リタリンは塩酸メチルフェニデートの一般名であり、合衆国麻薬取締局で「目録II」の麻酔薬として分類されています。これは、コカイン、モルヒネ、アンフェタミン1と同じ分類です。リタリンには中枢神経刺激作用があり、そのため主に十代の若者に乱用されています。

リタリンは処方薬として用いられる場合でも、神経過敏や不眠症、拒食症、食欲の減退、不整脈、心臓の不調、体重減少などの深刻な副作用を伴うことがあります。製造業者はリタリンについて、依存症を誘発する薬であると述べています。

2005年6月、アメリカ合衆国食品医薬品局は、リタリンやそれに類する薬品が、攻撃性や暴力行為とともに幻覚、自殺願望、精神異常を引き起こすという一連の公衆衛生報告書を発行しました。

ある作家はこのように記しています。「親たちは次のことを決して知らされることはありません。『子供は処方された薬を取っただけで死ぬことがある。そして中枢神経刺激剤を取っている子供が薬物乱用者になる確率は通常の倍であり、またこうした薬物を取っている子供の3分の1は、最初の1年以内に強迫的、衝動的な行動を取るようになる。』」

  1. 1. アンフェタミン:強力な中枢神経刺激剤。「スピード」と呼ばれることが多い。


通称


リタリン: 合法覚せい剤 リタ R(アール) キディー・コーク ビタミンR R-ボール 貧乏人のコカイン リッズ スマーティーズ