無料小冊子 「真実を知ってください:処方薬乱用」

処方薬の乱用は依存症につながる可能性があるだけでなく、血圧の低下、極度の疲労感、ろれつが回らない、抑うつの状態になるといった、非常に深刻な健康被害の危険性を伴います。処方薬の乱用は、違法なストリート・ドラッグの乱用よりも危険な場合さえあります。処方薬として使用される化学薬品の中には、非常に作用が強く、過剰摂取(オーバードーズ)を招く危険性が高いものがいくつかあります。これは特に鎮痛剤や鎮静剤に当てはまります。これらの過剰摂取による死亡事故は、過去5年の間に倍増しています。処方薬と鎮痛剤の乱用は、マリリン・モンロー、ヒース・レジャー、スティーブ・クラーク、クリス・ペン、そしてマイケル・ジャクソンの死に関係しているとも言われています。

乱用される主な処方薬の薬品名は、ザナックス、ベイリウム、アミタール、セコナール、ディプリバン、プロポフォール、ロヒプノール、デメロール、ゾロフト、オキシコンチンなどです。代表的な通称は、赤玉、青玉、眠剤、ダウナー、キャンディー、スリーピング・ピルズ、トランクス、バーブス、レッズ、フェニーズ、イエロー、オキシ 80、ペインキラー、オキシキャット、デミーズです。

「合法」とされているこうした薬品の、ほとんど知られていない実態とは何でしょうか。事実を知ってください。 

無料小冊子「真実を知ってください:処方薬乱用」を請求しましょう。

無料の小冊子を
リクエストできます

以下のフォームに記入し、無料の小冊子を受け取ってください。

[?]