エクスタシーには中毒性はない?

エクスタシーは中毒性があるのだろうか? 多くの人がそう考えています。しかし、仮に中毒にならなかったとしても、この薬物には極めて危険な4つの要素があります。

危険 その1:1995年の時点で、市場に出回っているエクスタシーのうち、純粋なMDMAは10%足らずでした。現在、エクスタシーの使用者が摂取しているものは、さまざまな種類の薬物、そして多くの場合、有毒な物質を組み合わせたものであるのが普通です。

危険 その2:使用者は、同じ効き目を得るために、薬物を取る量を増やし続けます。エクスタシーの使用者は、1回目の服用以降、その効果は著しく減少すると述べています。そして、さらに多量に薬物を取るようになるにつれ、悪影響も増していきます。

薬物に求める効果が減少すると、乱用者はしばしば、さらに危険な他の薬物を取るようになります。

危険 その3:使用者は、エクスタシーの効き目が「切れ」て精神的、または身体的な苦痛に襲われたときには、ヘロインやコカインのような他の薬物を使わなければ対処できないと考えるようになる場合があります。エクスタシーを取る人たちの92%が、それ以外のさらに強い薬物も乱用しています。

危険 その4:エクスタシーを取った時だけ良い気分になれるという間違った思い込みから、レイブやテクノ・パーティーに行った時以外にもこの薬物を取りたいと思うようになります。エクスタシーを使用する人の67%が、何度もひどい経験をしているにもかかわらず、この薬物を取り続けたいと望んでいます。

「エクスタシーは楽しくて、害のない薬物だと言っている人たちがたくさんいます。知らないのは怖いとしか言いようがありません。」

「それなりに真面目に生きてきた私が、5ヵ月も夢を追いかけている間に、物事に何の注意も払わない人間に変わってしまいました。『ハイ』になればなるほど、闇の中へ、孤独な場所へと深く陥っていきました。眠りにつくと、悪夢を見て震えました。肌が青ざめ、頭がずきずき痛み、被害妄想を抱くようになり始めましたが、こんなことは別に普通のことだと思い、一切気にしないようにしていました。夜までずっと、自分はもう死ぬのだと思っていました。」

「エクスタシーは、力、目標、夢、友人、住む場所、お金、そして何よりも正気さを奪い去りました。自分の将来や健康はどうなるのだろうと毎日が不安です。問題は山積みですが、ひとつひとつ解決していこうと思っています。幸運にも死なずにすんだのですから。」 リン