薬物乱用防止教育キャンペーンが再び栄誉に輝く

公共情報キャンペーン「真実を知ってください:薬物」が、アディー賞を7部門で獲得しました。前年の2部門に続いて2年連続の受賞です。6つの「それは嘘だった」公共サービス広告にはブロンズ・アディー賞が贈られ、キャンペーン全体はシルバー賞を獲得しました。

監督のギャリー・レイブンスクロフトはこう語っています。「これらの公共サービス広告は、世界中の180以上のテレビ局、170箇所以上の公共の場で上映され、何億もの人々に薬物についての真実のメッセージを伝えてきました。」

この公共サービス広告は、「薬物のない世界のための財団」による広範な薬物乱用防止教育活動の要となっています。人々に薬物の乱用をやめさせるだけでなく、最初から薬物に手を出させないようにすることがその目的です。

アディー賞は全米広告連盟が主催する賞で、広告業界で実施されている唯一の作品コンテストです。毎年6万を超える作品がエントリーするアディー賞は、広告作品のコンテストとしては世界最大規模で、最も競争率の高い賞です。

より詳しい情報を知りたい方には、無料の「真実を知ってください:薬物」情報キットを提供します。お気軽にお申し込みください。