子供たち、それは何の罪もないクラック・コカインの犠牲者たち

クラック・コカインの最も悲惨な犠牲者は、妊娠中にこの薬物を使用した母親から生まれた新生児です。妊娠中の母子の健康問題に取り組むアメリカ合衆国の非営利団体「マーチ・オブ・ダイムズ」の報告によると、妊娠中に粉状のコカインやクラック・コカインを使用することは、母体と胎児にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。妊娠初期に使用すれば流産の危険性が高まります。さらに、胎児の脳卒中や脳の永久的な損傷、あるいは心臓発作を引き起こす場合もあります。

アメリカ合衆国薬物乱用研究所は、妊娠中に胎児がクラック・コカインにさらされると、将来的に重大な問題が引き起こされる場合があると報告しています。

「クラック・コカインを吸うように勧められた時から、すべての歯車が狂い始めました。私は本当に仲の良かった友人たちとうまくいかなくなりました。でも、その友人たちがクラックについて言っていたことは本当でした。初めて使用した時の『ハイ』な気分は、その後二度と得ることはできなかったのです。クラックのせいで私は完全に破滅しました。私は完全にクラックのとりこになってしまいました。」

「クラック・コカインは、私の評判、自負心、そして自尊心を粉々にしました。」 ダイアン