ダブ吸引

THCは油分や水分が抜かれ、粘着物やワックスという形のものを喫煙か、より一般的には気化して吸引されます。 その粘着物は「シャッター」という硬いガラス状の物質に精製されることがあります。

この濃縮されたマリファナ(ダブ)は、非常に熱い鉄板の上で急速に熱せられ、気化され、それから「ダブリグ」や「オイルリグ」と呼ばれる特別な器具を使って吸入されます。 この処理は「ダビング(再取り込み)」と呼ばれます。

ダブ吸引による影響

人が濃縮した「ヒット(ひと吸い)」をダブ吸入すると、マリファナを喫煙することで起こる身体的、精神的な影響が強まります。

ダブに含まれるTHCの含有率は、60%から90%まで高まります。7

マリファナの濃縮物は登場したばかりで、その有害な影響はまだ解明されていません。 しかし、医者や薬物乱用対策の専門家たちは、通常のマリファナが生み出す有害な精神的影響がマリファナの濃縮によってさらに強まることを認めています。

摂取した者は、このマリファナの新しい形態が精神異常、幻覚(そこにないものを見たり聞いたりすること)、皮膚の下を虫が這っているような感覚を引き起こすことがあると報告しました。8

これらの濃縮物は非常に強力なので、マリファナ過剰摂取によって救急医療チームが頻繁に呼ばれています。


ムッキング

バコとマリファナを一緒にしてパイプで喫煙する方法は「ムッキング(mooking)」として知られています。

タバコとマリファナの化学物質は、神経系に作用して心と身体の両方に影響します。 これらの影響のいくつかは、取り返しのつかなくなることがあります。9 この喫煙は、一日中酸素吸入が必要となる末期的な肺病の原因として知られてきました。 こうなると、人はもはや通常の活動を行うことができません。 寝室からトイレに歩いていくような単純なことですら、ひどい息切れがしてほとんどできなくなってしまいました。9

「10日間で10から15時間ぐらいしか寝られなかったので、精神病院に入院することになりました。」