コカインの影響

コカインの短期的な影響

コカインを取ると、短時間の間、強烈な高揚感を経験しますが、すぐにひどい憂うつ感、いらだち、薬物へのさらなる切望があとに続きます。この薬物を頻繁に使用する人たちは、食事や睡眠をきちんと取りません。また心拍数の急激な増加や、筋肉のけいれんやひきつりを経験することがあります。この薬物を使う人は、「ハイ」な状態でない時でさえ、被害妄想になったり、怒り、敵意や不安を感じます。

使用する量やその頻度に関係なく、コカイン使用者は、心臓発作や呼吸不全を起こす危険性が高くなり、突然死に至る場合もあります。

コカインの長期的な影響

麻薬中毒者を意味する「dope fiend」という言葉は、もともとコカインの常習による副作用を説明するために何年も前につくられたものです。薬物への耐性が増すにつれ、同様の高揚感を得るために摂取量はだんだんと増加します。長期間にわたって日常的に摂取し続けると、睡眠障害や食欲の減退を引き起こします。人によっては精神に異常をきたしたり、幻覚症状が始まることもあります。

コカインは脳が化学物質を作り出す工程を邪魔するため、この薬物を使用する人は「正常さ」を保つためだけでも、必要な薬物の量が増えていきます。他の薬物の場合と同様、コカイン中毒になった人は、生活の他の面についての関心を失います。この薬物は、効き目が切れるとひどい憂うつ感を引き起こします。

それは、薬物を手に入れるためには何でも ― 殺人さえ犯しかねない、というところまでひどくなることがあります。

そしてもし中毒者がコカインを入手できなければ、ひどい憂うつ状態になり、自殺することもあります。

短期的な影響
  • 食欲の減退
  • 心拍数、血圧、体温の上昇
  • 血管の収縮
  • 呼吸数の増加
  • 瞳孔の拡大
  • 睡眠障害
  • 吐き気
  • 極端な興奮
  • 奇怪でとっぴな、時に暴力的な行動
  • 幻覚症状、過度の興奮、過敏性
  • 皮下に虫が這うような幻覚症状
  • 強い陶酔感
  • 不安と妄想
  • 抑うつ
  • 薬物への激しい渇望
  • パニック、精神異常
  • 過剰摂取は(一度でさえ)けいれんや卒中、時に死をもたらすことがあります
コカインは、心臓や腎臓、脳、肺の損傷を引き起こします。
長期的な影響
  • 心臓および脳血管の永久的な損傷 
  • 心臓発作、卒中、死につながる高血圧
  • 肝臓、腎臓、肺の損傷
  • 鼻から吸引した場合、鼻の中の細胞破壊による鼻血
  • 喫煙した場合、呼吸器の障害
  • 注射の場合、伝染病やはれもの
  • 栄養失調、体重の減少
  • 重度の虫歯
  • 聴覚や触覚の幻覚症状
  • 性的機能不全、生殖障害および生殖不能(男女とも)
  • 無関心、無気力、混乱による極度の疲労
  • 過敏性や情緒不安定
  • 危険な行動の増加
  • 一時的な精神錯乱あるいは精神異常
  • ひどい憂うつ感
  • 薬物への耐性の増加や中毒(一度きりの使用であっても)
「コカインに手を出したら終わりです。この薬物のために2年間も刑務所にいました。出所した後もつらいことが多く、またこの薬物を取り始めました。コカインのために売春婦になった少女を10人も知っています。それは人を信じられないくらい極端に堕落させます。それでも人は、コカインが自分の人生をどれほど台無しにしているかに気付かないのです。」 ショーン