国際的な統計

調査によると、ヨーロッパではクラブに行く人の大半がコカインを使用しています。

コカインは、世界で2番目に多く取引されている違法薬物です。最近の統計によれば、世界各地でコカインの押収量は増え続けており、現在では合計756トンに上ります。その大部分は南アメリカにおいて摘発されたもので、北アメリカがそれに続きます。

欧州薬物・薬物中毒監視センターによると、コカインはヨーロッパでも2番目に多く乱用されている違法薬物です。15~34歳の年齢層では、過去に1度でもコカインを使用した経験のある人はおよそ750万人、過去1年の間に使用していた人は350万人、過去1ヵ月間では150万人に上ります。

2006年「薬物使用と健康に関する全国調査」によると、アメリカでは、12歳以上のおよそ3530万人が一度はコカインを試したことがあると報告しています。18~25歳の世代では、6.9%が過去1年の間にコカインを使用しています。国立薬物乱用研究所が、2006年に青少年を対象に実施した調査によると、高校3年生になるまでにコカインの使用経験がある生徒は8.5%でした。

アメリカにおいて、病院の緊急病棟から「薬物乱用警告ネットワーク」に寄せられる報告の中で、コカインは最も頻繁に名前があがる違法薬物の常連です。2005年の報告によると、コカインの使用に関連して448,481人が緊急医療施設に運び込まれています。

「友達は4年間薬物をやっていた。そのうち3年間はコカイン、LSD、モルヒネなどの強い薬物、そして多くの抗うつ剤や鎮痛剤を取っていて、実際、どんな薬物でも手当たり次第にやっていた。彼は見るたび、激しい痛みを訴え、それはどんどん悪くなっていたため、医者に行った。医師は彼にこう言った。『もう手遅れだ。体の状態が悪化していて、もう長くはないだろう。』彼は、その数日後に死んだ。」ドウェイン