薬物の売人がよく使う誘い文句

十代の若者へのアンケートによると、薬物に手を出すようになったそもそもの理由として、55%が「周りの雰囲気に流された」と回答しています。彼らには「ダサい」と思われたくない、カッコよく見られたい、という願望があります。薬物の売人はそのことをよく承知しています。

売人たちは、友達のような顔をして近付き、親切を装って「いい気分になれるもの」を教えてあげると持ちかけてきます。その薬物を使うと「周囲から浮いてると思われなくなる」とか「仲間の中で目立てる」というのです。

薬物の売人はお金だけが目当てです。薬物を買ってもらうためなら、どんな嘘でも言います。彼らは「コカインをやると毎日パーティー気分でいられる」などと言ってくるでしょう。

薬物のせいでその人の人生が台無しになっても気にしません。売人は「お客さん」が払うお金にしか関心がありません。かつての売人たちは、薬物を買う人を「いいカモ」としか見ていなかったと証言しています。

薬物についての真実を知ってください。そうすれば自分自身で正しく判断できるはずです。

「コーク(コカイン)は人を、灯りに引き寄せられる蛾のように引きつけます。それを止めることはできません。身体ではなく、心がとりこになってしまうのです。取れば取るほどほしくなるのです。私は10分おきに注射していました。コークほしさに銀行からお金を借りました。ある日、仕事をクビになり、状況はさらに悪くなりました。常に注射を打っていました。私はすっかり気がおかしくなってしまいました。頭ではわかっていてもやめられないのです。私は完全に堕ちてしまいました。」 マリリン