覚せい剤の致命的な影響

乱用者の顔に残る傷跡と早期の老化現象は、覚せい剤のおぞましい影響を表しています。
写真:courtesy Attorney General’s Office, Taswell County, Illinois


覚せい剤使用者が短期的および長期的に受ける影響

覚せい剤や結晶状覚せい剤を摂取すると、擬似的な充実感や活力が生じるため、使用者は自分の身体にその限界を超えた過剰な動きを強いる傾向があります。そのため、薬物の効き目がなくなると、ひどい脱力感を経験し、身体的、精神的に衰弱することもあります。

この薬物を使用し続けると、自然に生じる空腹感が感じられなくなるため、体重が極端に減少する場合があります。この薬物の使用による悪影響には、睡眠パターンが崩れる、多動(ハイパーアクティブ)、吐き気、誇大妄想、神経過敏などがあります。

他の深刻な影響として、不眠、混乱、幻覚、不安、被害妄想1、そして攻撃性が増すなどがあります。時にはひきつけを起こし、死に至る場合もあります。

長期的な害

覚せい剤を長期的に使用すると、回復不能な損傷がもたらされます。心拍数や血圧が高くなり、脳の血管が傷つくために脳卒中、あるいは不整脈を起こし、心臓血管系の破壊から死に至る場合もあります。また肝臓や腎臓、肺などの損傷を引き起こすことがあります。

覚せい剤乱用者は脳にダメージを受け、記憶力の低下や抽象的な考えを把握できないなどの傾向が高まり、実際に兆候として現れます。回復した場合でも、記憶に空白ができたり、極端に躁うつになったりするのが通例です。

覚せい剤の害

短期的な影響

  • 食欲の減退
  • 心拍数、血圧、体温の上昇
  • 瞳孔の拡大
  • 睡眠障害
  • 吐き気
  • 奇怪でとっぴな、時に暴力的な行動
  • 幻覚症状、過度の興奮、過敏性
  • パニック、精神異常
  • 過剰摂取によるけいれん、脳卒中、突然死

長期的な影響

  • 心臓および脳血管の永久的な損傷、心臓発作、卒中、死につながる高血圧
  • 肝臓、腎臓、肺の損傷
  • 鼻から吸引した場合、鼻の中の細胞破壊による鼻血
  • 喫煙した場合、呼吸器の障害
  • 注射の場合、感染病やはれもの
  • 栄養失調、体重の減少
  • 重度の虫歯
  • 周囲を正しく認識できなくなる、無気力、混乱から来る極度の疲労
  • 強い心理的依存
  • 精神異常
  • 抑うつ
  • アルツハイマー病2に類似した脳の損傷、脳卒中、てんかん
  1. 1. 被害妄想:他人に対して根拠のない疑い、不信感、恐れを抱く状態のこと。
  2. 2. アルツハイマー病:老人がかかる記憶喪失を伴う病気。