覚せい剤の種類は?

写真:DEA/drugs

覚せい剤は通常、白い結晶状の粉末です。無臭で苦い味がし、水またはアルコールに簡単に溶けます。

他に見られる色には、うす茶色、灰色がかった黄色があり、また錠剤型覚せい剤には、オレンジ、さらにピンクなどさまざまな色や形状のものがあります。

先にも触れたように、それは吸引や喫煙、あるいは注射によって摂取されます。

結晶状覚せい剤は、氷に似た透明な結晶の塊として売られており、日本ではロックやがんころと呼ばれています。もっとも一般的な取り方はあぶって煙を吸う方法です。



通称


覚せい剤(メタンフェタミン): スピード S(エス) 冷たいの 速いの クランク チキンフィード シナモン クリンク クリプト ファースト メス メスリーズ・クイック メキシカン・クラック パービティン(チェコ共和国) レッドネック・
コカイン ゲッゴー ティクティク ツイーク ウォッシュ ヤーバー(東南アジア) シャブ 結晶状覚せい剤: ロック バツ ブレード クリスティー クリスタル クリスタルグラス グラス ホット・アイス アイス がんころ クウォーツ シャーズ ストーブ・トップ ティナ ベンタナ