鎮痛剤とは?

鎮痛剤(処方薬)は、神経系の中で私たちが「痛み」として知覚する信号の伝達を妨害する強力な薬物です。ほとんどの鎮痛剤は、同時に脳内の快楽に関わる部分を刺激します。こうして痛みを遮断することに加え、それらは「ハイ」の状態を引き起こします。

最も強力な鎮痛剤は、オピオイドと呼ばれるアヘン1に似た化合物です。オピオイドは、アヘンから生成された薬物(ヘロインなど)と同じような反応を神経系にもたらすように作られています。オピオイド系の鎮痛剤の中で最もよく乱用されているのは、オキシコドン、ヒドロコドン、メペリジン、ヒドロモルフォン、プロポキシフェンです。

オキシコドンは、乱用に陥る可能性が最も高く、また最も危険なものです。それはヘロインと同じように強力で、神経系にも作用します。オキシコドンは、ペルコダン、エンドダン、ロキシプリン、ペルコセット、エンドセット、ロキシセット、オキシコンチンといったさまざまな商標名で販売されています。これは錠剤で使用されます。

ヒドロコドンは、他の化学物質と組み合わせて使用されているもので、錠剤やカプセル、シロップといった形状で処方される鎮痛剤です。その商標名には、アネクシア、ディコディード、ハイコダン、ハイコマイン、ローセット、ロータブ、ノルコ、タシオネックス、バイコディンなどがあります。この薬物の売り上げと生産量は、乱用目的の違法な使用によって、近年著しく増えています。

メペリジン(商標名:デメロール)とヒドロモルフォン(ジラウジッド)は錠剤で売られています。プロポキシフェン(ダーボン)はカプセルに入っています。乱用者はこれらを砕いて粉状にし、注射や鼻からの吸引、喫煙などの方法で使用します。ダーボンは、イギリスでは2005年に製造・販売を禁止された薬品ですが、アメリカでは、薬物乱用による死亡事故において報告された件数のトップ10に入る薬物です。ジラウジッドはモルヒネの8倍強力であるとされ、人々の間でしばしば「薬局のヘロイン」と呼ばれます。

「20歳の時、外科手術後に処方された薬をきっかけに、麻酔薬2の中毒になりました。手術後の何週間かのうちに錠剤を乱用するようになり、薬の効き目がすぐに出るように、また飲み込んだり鼻から吸い込んだりできるように砕いて粉々にしていました。そうすることでヘロインを打つのと同じ感じで注射することもできるのです。薬から離れることは、苦痛以外の何ものでもありませんでした。」 ジェームズ

  1. 1. アヘン:ケシの実から抽出される、茶色の粘着性のある物質。
  2. 2. 麻酔薬:中枢神経(脳と脊髄)に作用し、感覚を一時的に麻痺させる薬物。めまい、調整機能の低下、無意識などをもたらす可能性がある。


通称


鎮痛剤: 一般名 オキシコドン プロポキシフェン ヒドロモルフォン メペリジン ヒドロコドン 薬品名 オキシコンチン ペルコダン ペルコセット ロキシプリン ロキシセット エンドダン エンドセット アネクシア ディコディード ハイコダン ハイコマイン ローセット ロータブ ノルコ タシオネックス バイコディン ダーボン ジラウジッド デメロール 通称 オキシ80 オキシコットン オキシセット ヒルビリー・ヘロイン ぺルクス パークス バイクス ハイドロス ピンクス フットボールズ ピンク・フットボールズ イエロー・フット ボールズ 65’s Ns ジュース ディリーズ ドラッグ・ストリート・ ヘロイン デミーズ ペイン・キラー