処方薬についてのあまり知られていない事実

アメリカ合衆国麻薬取締局によって、アヘンやコカインと同じカテゴリーに分類されている処方薬は数多くあります。なぜなら、そうした薬には乱用や依存症の可能性があるからです。リタリンやデキセドリン(中枢神経刺激剤)、鎮痛剤のオキシコンチン、デメロール、ロクサノールなどがこれに該当します。

現在違法とされているストリート・ドラッグの多くは、かつては医師や精神科医が使用したり処方したりしていたものです。そうした薬物は、容認できないほどの有害な影響が表面化したため、使用を禁止されたのです。ヘロインやコカイン、LSD、メタンフェタミン(覚せい剤)、エクスタシー(MDMA)などがその例です。

処方薬の乱用は、違法なストリート・ドラッグの乱用よりも危険な場合さえあります。処方薬として使用される化学薬品の中には、非常に作用が強く、過剰摂取(オーバードーズ)を招く危険性が高いものがいくつかあります。これは、特にオキシコンチンやそれと同種の鎮痛剤に当てはまります。この種の鎮痛剤の過剰摂取による死亡事故は、過去5年の間に倍増しています。

資格を持たない人が医師の処方なしに処方薬を販売したり配布したりする行為は、ヘロインやコカインの密売と同様に犯罪として扱われ、罰金や懲役を科せられます。しかし、多くの人がこのことを認識していないようです。アメリカでは、薬物の取引が死亡事故や重度の傷害につながった場合、その取引に関与した者は終身刑に処せられる可能性があります。

乱用される処方薬の種類

娯楽目的で乱用される処方薬には、主に以下のような種類のものがあります。

1. 鎮静剤・安定剤:脳の働きを鈍くする薬物で、中枢神経(脳と脊髄)抑制薬とも呼ばれます。これらに含まれるのは、鎮静剤(人を静かにして眠たくさせる目的で使用)、抗不安剤(緊張や不安を解きほぐす目的で使用)があります。

2.オピオイド1およびモルヒネ系鎮痛剤: 俗に「痛み止め」と呼ばれるこれらの薬品には、アヘンやアヘンに類似した物質が含まれており、痛みを和らげるために使用されます。

3.中枢神経刺激剤:服用するとエネルギーや鋭敏さが一時的に増す薬品です。同時に血圧や脈拍、呼吸数も増大させます。

4. 抗うつ剤:うつ症状を抱える人に処方される向精神薬です。

  1. 1. オピオイド:アヘンに類似した作用を持つ合成物質の総称。