コカイン

「コーク(コカイン)で知覚力が高まったり、特別な能力が与えられたり、物事をコントロールできたりすると思っているとしたら、それは全くとんでもない話。しばらくすると、請求書も払わず、もはや自分自身さえ構わなくなり、友人たちや家族からも見放される。無力になり、孤独になるんだ。」 ナイジェル

「コーク(コカイン)は人を、灯りに引き寄せられる蛾のように引きつけます。それを止めることはできません。身体ではなく、心がとりこになってしまうのです。取れば取るほどほしくなるのです。私は10分おきに注射していました。コークほしさに銀行からお金を借りました。ある日、仕事をクビになり、状況はさらに悪くなりました。常に注射を打っていました。私はすっかり気がおかしくなってしまいました。頭ではわかっていてもやめられないのです。私は完全に堕ちてしまいました。」 マリリン

「友達は薬物を4年もやっていた。そのうちの3年間はコカイン、LSD、モルヒネなどの強い薬物、そしてたくさんの抗うつ剤や鎮痛剤を取っていて、実際、どんな薬物でも手当たり次第にやっていた。彼は見るたび、激しい痛みを訴え、どんどん悪くなったから、医師に診せたんだ。」

「医師は彼にこう言った。『もう手遅れだ。体の状態がひどくて、もう長くはないだろう。』その数日後、彼は死んでしまった。」 ウェイン

「私には先の人生なんてありませんでした。どうやってコカイン依存から抜け出せるのかわからず、途方に暮れていました。自暴自棄になり、コカインのひどい乱用を止められませんでした。幻覚症状があり、自分の皮膚の下を生き物が這っているようでした。薬物を打つたびにそんな感じがして、その生き物を追い出すために注射した個所を出血するまで掻きむしりました。ある時ひどい出血を起こし、病院に担ぎ込まれたほどでした。」 スーザン

「コカインに手を出したら終わりです。この薬物のために2年間も刑務所にいました。出所した後もつらいことが多く、またこの薬物を取り始めました。コカインのために売春婦になった少女を10人も知っています。それは人を信じられないくらい極端に堕落させます。それでも人は、コカインが自分の人生をどれほど台無しにしているかに気付かないのです。」 ショーン