クラック・コカイン

「私は1年ほどクラック中毒になった彼と暮らしていました。私は彼のことを心から愛していました。でも、もう限界でした。」

「彼は絶え間なく盗みを働き、クラックを手放すことができませんでした。私は、クラックはヘロインよりずっとたちの悪いドラッグだと思います。たった1回吸っただけで、人を残忍な外道へと変えてしまうのです。」 オードリー

「私は毎週2千ドルもコカインにつぎ込んでいて、この呪縛から自由になりたいと願っていました。」 ジェニファー

「僕の頭はクラック・コカイン一色だった。薬をやるよと誰かに言われたら、飛びかかってそれを奪い取るほどだった。飲まず食わずで何十キロも歩いた後に、ひとかけらのパンを差し出されるようなものだ…何週間もクラックを吸い続けたあげく、ついに来るべき時が来た。ある日ふと、もう十分だ、もうこれ以上こんな生活は続けられないと思い、自殺を試みた。僕は試練に立ち向かわなければならない…生きたいという本能がよみがえってくれればと願う。」 ジョン

「60年もの間、ドラッグなどに手を出したことはなく、酒も付き合い程度で、決して飲みすぎることはなかった。私は会社のやり手の役員として定年退職し、2人の娘も大学を卒業し、退職金も受けていたけれども、この退職時のパーティーがその後に続く地獄の5年間の始まりとなった。その時に初めてクラック・コカインを勧められたんだ。それからの5年間で、私は家、妻、財産、健康など、ほぼ人生のすべてを失ってしまい、その上、2年間を刑務所で過ごすことになった。」 ウィリアム

「クラック・コカインを吸うように勧められた時から、すべての歯車が狂い始めました。私は本当に仲の良かった友人たちとうまくいかなくなりました。でも、その友人たちがクラックについて言っていたことは本当でした。初めて使用した時の『ハイ』な気分は、その後二度と得ることはできなかったのです。クラックのせいで私は完全に破滅しました。私は完全にクラックのとりこになってしまいました。クラック・コカインは、私の評判、自負心、そして自尊心を粉々にしました。」 デニス