LSDの有害な作用

LSDは、しばしば紙片に浸された形で摂取され、状態の激しい変化や人格の分裂、絶望感を引き起こします。「バッド・トリップ」はしばしば起こり、時には12時間以上も続くことがあります。

「15歳でお酒を覚え、次にエクスタシー、覚せい剤、コカイン、そしてLSDにまで手を出すようになりました。」

「仕事を続けることができなくなり、憂うつになり、薬物依存を克服することなんてできないと思いました。私は大量に薬を飲み、2度も自殺を試みました。それから精神科医の下でさらに多くの薬物、抗うつ剤、精神安定剤を与えられ、状況はさらに悪化しました。」

「私は自分の感情のはけ口として、自分自身を傷つけるようになり、体を切ったり、焼いたりし始めたのです。」 ジャスティン

身体への作用

  • 瞳孔の拡大
  • 体温の上昇または下降
  • 発汗または悪寒(鳥肌)
  • 食欲不振
  • 不眠
  • 口内の乾燥
  • 震え

心への作用

  • 妄想
  • 幻視
  • 不自然な多幸感や確信
  • 時間と自己に対する感覚のゆがみ
  • 深さへの知覚が損なわれる
  • 時間への知覚が損なわれ、物体の大きさと形、動き、色、音、触覚がゆがみ、使用者自身の身体に対する知覚がゆがむ
  • 思考や気分が深刻な恐怖感に襲われる
  • 自制心を失うことへの恐れ
  • パニック発作
  • 「フラッシュバック」LSD摂取後に何の前触れもなく起こるLSDによる幻覚症状の再現のこと
  • 深刻なうつ、または精神異常

「アシッドをやった後、大型トレーラーに正面から突っ込んで死ぬという幻覚を見た。キーッというブレーキの音がして、それから真っ暗で不吉な静寂に包まれた。ものすごい恐怖感。本当に死んだと思った…それから1年、怖くて墓地には行けなかった。そこに自分の墓があったらどうしようと思って。」 ジェニー