国際的な統計

LSDは最も強力な作用を持つ幻覚剤です。LSDの作用の強さはマジック・マッシュルームの100倍です。

ヨーロッパでは、15歳から24歳の人々の4.2%がLSDを使用した経験があります。アンケート調査によると、この年齢層で過去1年間にLSDを取ったことがある人の割合は、7ヵ国(ブルガリア、チェコ共和国、エストニア、イタリア、ラトビア、ハンガリー、ポーランド)で1%を超えています。

アメリカ合衆国では、1975年から国立薬物乱用研究所の助成により、薬物使用の動向を知り、薬物乱用に対する生徒の態度や考えを知るために、全国の1万7000人近くの高校生に毎年アンケートを行っています。1975年から1997年までの間に、LSDの使用が最も少なかったと報告されたのは1986年でしたが、この時でも高校生の7.2%が少なくとも1度はLSDを使用したことがあると報告されています。

過去1年の間にLSDを使用したことがあると報告した高校生の割合は、最低の数値を示した1985年の4.4%から、1997年には8.4%と2倍近くに増えています。また1997年には、高校3年生の13.6%がLSDの使用経験があると回答しました。

2008年1月に発表された調査結果によると、アメリカ合衆国では12歳から25歳までの年齢層のうち、約310万人がLSDの使用経験があると述べていることがわかりました。

LSDの強さはメスカリンの4000倍です。

「ストリップ劇場やカジノに頻繁に通い始め、乱れた生活をするようになっていた。そして売春宿をはしごするうちに他の薬物に手を付けるようになった。」

「相続した財産をすべて失い、そしてクラックの密売所へと移り住んだ。1年間、そこで人々が 死ぬのを見て過ごした。仕事を失い、盗みを働くようになった。」

「2003年11月にハイジャックを試みたために逮捕され、刑務所に入った。」

「自分を愛してくれていたすべての人たちを傷つけ、全員から見放され、縁を切られたよ。」

「挙句の果てにホームレスになった。路上で生活し、段ボール箱の中で寝て、何とか食い物にありつくために物乞いをしていたよ」 フレッド