短期的な影響

写真:
Stockxpert



Photo credit:
iStockphoto

摂取する量や取る人の体調にも左右されますが、アルコール乱用による影響には以下のようなものがあります。

  • ろれつが回らない
  • 眠気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 胃のむかつき
  • 頭痛
  • 呼吸困難
  • 視覚や聴覚の異常
  • 判断力の低下 
  • 知覚が鈍り、調整機能が低下する
  • 無意識 
  • 貧血(赤血球の減少)
  • 昏睡状態
  • 一時的な記憶喪失( 酔っていた時に起きたことを覚えていない)

長期的な影響

大量のアルコールを習慣的に取り続けると、以下のような数多くの悪影響を引き起こす可能性があります。

  • 自動車事故や落下、やけど、溺死など、不注意による事故
  • 銃の発砲、性的暴行、家庭内暴力といった故意の傷害
  • 仕事中のけがが増え、生産性が低下する
  • 家族間や友人間の不和
  • アルコール中毒
  • 高血圧、脳卒中、心臓疾患
  • 肝臓障害 
  • 神経の損傷 
  • 性機能の障害 
  • 脳細胞の永久的な損傷
  • ビタミンB1欠乏(記憶喪失、無気力、方向感覚の喪失などの症状を引き起こすことがある)
  • 潰瘍 
  • 胃炎(胃壁の炎症) 
  • 栄養失調 
  • 口腔咽頭癌

「アルコール依存が徐々に進み、気付いた時には午後だけでなく朝から飲むようになっていました。」

「もう飲むのはやめようと決意しました。その夜はほとんど眠ることができず、次の日の正午には全身が砕けるような痛みに襲われました。頭がパニックになり、怯えながらグラスにジンを注ぎました。手がひどく震え、ボトルの半分をこぼしてしまうほどでした。それを一気に飲み干すと、苦痛が徐々に和らいでいくのを感じました。そこでようやく、恐ろしい事実に気付きました。私はアル中なんだ、もうやめられないんだ、と。」
フェイ