アルコールによる影響
若者と大人ではどう違う?

写真:Stockxpert

若い人の体は、大人と同じようにはアルコールを処理することができません。

思春期から青年期にかけての若者は、脳がまだ成長過程にあるため、飲酒による害は大人よりも十代の若者の方が深刻です。脳が成長する非常に重要な時期に飲酒することは、脳の機能に一生残るほどの悪影響を及ぼします。特に、記憶力や運動能力、身体の調整に関わる機能などが影響を受ける可能性があります。

調査によると、15歳になるまでに飲酒を始めた若者は、21歳から飲酒を始めた人と比べ、アルコール依存症になる可能性が倍も高くなっています。

十代の若者の中には、アルコールに走ることで自分が向き合いたくない問題から逃げられると思っている人がいます。サマンサの場合もそうでした。

「13歳の頃、飲まないでいると友達に笑いものにされたんです。仲間に入る方が楽だったので、逆らわずに飲むことにしました。毎日が嫌なことばかりで、ただ現実から逃避するために飲んでいました。」

「だんだんと外に出かけることが少なくなり、友達とも付き合わなくなっていきました。そして孤独になればなるほど、さらにアルコールに溺れていきました。」

「暴力的になり、自制心がなくなりました。完全に自分を見失い、家族をめちゃめちゃにしてしまったんです。」

サマンサは16歳で家を追い出され、ホームレスになりました。アルコールを買うお金を得るために物乞いをするようになりました。数年間アルコールに溺れ続けた末に、サマンサの体は取り返しのつかない状態になっていると医者たちに告げられました。

「まだ16歳なのに、ひどい肝臓障害になっていたんです。アルコールの暴飲のせいで、もう少しで死ぬところでした。」 サマンサ