有機溶剤や吸入ガスを使うと中毒になる?

有機溶剤や吸入ガスを使用すると、身体的にも心理的にも依存してしまう可能性があります。特に何日間も続けて使用した場合は、有機溶剤や吸入ガスの乱用を続けたいという強い衝動に駆られることが報告されています。

常習者が有機溶剤や吸入ガスの使用をやめようとすると、吐き気、異常な発汗、筋肉の痙攣や頭痛、強烈な悪寒、激しい興奮、さらに震えや幻覚といった禁断症状に 苦しめられます。

「明日は私たちの息子ジャスティンの6回忌です。息子は16歳の時、芳香剤を吸入したことがもとで亡くなりました。ジャスティンが吸入ガスの乱用のような無分別な行為で死んだということに、息子を知る人誰もが強いショックを受けました。ジャスティンは快活で、生きることを楽しむ優等生でした…あの子のおかげで、多くの人が励まされてきました…もしジャスティンがその危険性を知っていたら、今も生きていたかもしれないと思うと、いたたまれない気持ちになります。」  ジャッキー