真実を知ってください:薬物

本当の解決策は、事実を認識し、最初から薬物など使用しないことです。

薬物は本質的に毒です。その作用は、どのくらいの量を摂取するかで決まります。

少し摂取すると、活動をより活発にする中枢神経刺激剤として作用します。多めに摂取すると、活動を抑制する鎮静剤として作用します。さらに多量に摂取すると毒となり命を奪います。

これはどの薬物にも当てはまります。こうした作用を引き起こすのに必要な量に違いがあるだけです。

それだけではなく、多くの薬物には人の心にも影響を及ぼす弊害があります。薬物を取っている人が自分の周囲で起こっていることを知覚しても、それは歪んだものになってしまう可能性があります。その結果、その人の行動は奇妙だったり、不合理であったりするかもしれません。不適切な行動をしたり、暴力的になることもあるでしょう。

薬物はすべての感覚を遮断します。望ましい感覚も望ましくない感覚もです。そのため、短期的には痛みを和らげるために役に立ちますが、同時に人の能力や機敏さを消し去り、思考を不明瞭にします。

医薬品は、身体の働きを良くしようとして、何かを速めたり、遅くしたり、身体の働きを変えることを意図した薬物です。時には必要ですが、薬物であることに変わりはありません。中枢神経刺激剤や鎮静剤として作用し、取り過ぎれば命を落とすこともあります。したがって、医薬品は規定通りに使用されない場合、違法薬物と同様に危険なものになり得ます。

なぜ人は薬物を取るのでしょう?

人が薬物を取る理由は、自分の人生を変えたいと思うからです。

若い世代の人たちが薬物を取る理由には、以下のものがあります。

  • 周りとうまくやっていきたい。
  • 問題から逃避するため。リラックスするため。
  • 退屈を紛らわすため。
  • 大人になったような気がするから。
  • 反抗するため。
  • どんなものか試してみたい。

こういった若者は、薬物が問題を解決してくれると思っているのです。しかし、結局のところ薬物は問題にしかなりません。

自分の問題に直面することが困難なこともあるでしょう。しかし、薬物によって解決しようとしている問題よりも、薬物を使用した方が常に悪い結果を招きます。本当の解決策は、事実を認識し、最初から薬物など使用しないことです。

人々に事実を知らせましょう

このウェブサイト(drugfreeworld.org)のページは、13冊の「真実を知ってください:薬物」小冊子シリーズの内容に基づいています。

これらの小冊子は無料です。セットで申し込むこともできますし、個別に申し込むこともできます。ご友人やご家族に薬物に関する正しい情報を伝えてあげてください。

このウェブサイトを見るように勧めてください。

無料の「真実を知ってください:薬物」の小冊子を取り寄せるにはここをクリック
「真実を知ってください:有機溶剤/吸入ガス」の参照文献を見るにはここをクリック