統計と事実

• 米国では、中毒事故管理センターへの合成マリファナ使用に関連した連絡は、2010年から2012年の間に約80%増加しました。3

• 2013年の米国政府の報告によると、2011年における合成マリファナ中毒反応に関する救急診療部の患者数は、2.5倍の28,531人に増加したとのことです。1

• 2014年、テキサス州のある「K2」の売人は、わずか一週間でオースティンとダラスにおいて120の過剰摂取事件に関与しました。

合成マリファナの影響にある人に関連した致命的な車の事故は、数えきれないほど多く記録されています。

• ジョギング中の62歳の男性を刺した20歳の男性から、危険ドラッグの陽性反応が出ました。

• 別の20歳の男性は、危険ドラッグを吸引後、木に衝突し死亡しました。

• ゴミ収集車が、ハイウェイの分離帯を越えて時速80キロで150メートル走行。反対車線を走る車の屋根をスライスし、その車に乗っていた兄と妹を死亡させました。 そのゴミ収集車の運転手は、合成マリファナを使用したことを認めました。



合成マリファナによる
短期的な影響

心に与える影響:

  • 無反応
  • 意識喪失
  • 混乱
  • 時間感覚の麻痺
  • 異常な不安
  • パニック発作
  • 深刻な偏執症
  • 妄想
  • 幻覚
  • 精神病
  • 自殺行為の可能性
  • 合成マリファナの影響下にある使用者の中には、
    殺人に関わった人もいる

身体への影響:

  • 吐き気、嘔吐
  • 異常な発汗
  • 制御できない、けいれん性の身体の動き
  • 深刻な腎臓の損傷
  • 速脈
  • 高血圧
  • 心臓への血液供給の減量
  • 心臓発作
  • けいれん
  • 発作
  • 脳卒中