Nボム:その歴史

Nボムは、2003年にドイツのベルリン自由大学の化学者、ラルフ・ハイムによって発見されました。 これは、フェネチルアミン(PEA)の2Cファミリーと呼ばれる薬物のグループから派生したものです。

その2C PEAはもともと、1970年代に科学者たちが、ラットの脳活動を研究していた際に実験室で製造され、それによりLSDと類似した幻覚や精神作用が生み出されました。

PEA薬物のうちの9つは、2012年に米国で違法となりましたが、その中にはNボムをつくるのに使われた物質も含まれていました。13

薬物の売人は、隠れた実験室でたくさんのNボムの種類をつくり出したり、中国やインド、その他の国々から大量に輸入したりしています。 製造業者は、政府の禁止をかいくぐるようにして、化学式を変えるので、使用者はどんなものを摂取しているのか、その後どんなことが起こるのか全くわかりません。

米国だけで、この薬物絡みの死亡が2年間でおよそ19件確認されています。14